読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みっつのおほしさま

夫と子どものぱたとみっつのお星さまについて。

そんざいかくにん

2016/10/29
この日にぱたがおなかの中に来てくれたことを知った。このときすでに10w6d。大きさも俗に言うなんとかの壁である30mmを越えていた。今まで見れなかった子どもの姿を見れて、本当に嬉しくて涙が止まらなかったな。

....なんてことを思い出してたら、ふたごのこともさんばんめのことも思い出して涙が止まらなくなってしまった。おかげで眠れない。

ぱたに気づくのが遅かったのは、さんばんめがお星さまになった直後のことだから。

さんばんめは山の日に空へいってしまった。その前々日から出血が止まらなくて、病院の指示から会社は休んで、家でじっとしていた。しかし自分の願いとはウラハラにどんどん出血量が多くなっていって、山の日の夜には自分でもどうしようもなくなってきた。このとき、数日もお腹にいてくれようと頑張ってくれたから、もう頑張らなくていいよ、と思ったけな。自分の中でも覚悟ができたのだ。

夜に救急外来に行って、さようならをした。当直の先生が見せてくれたホルマリンに漬かった袋を夫と二人で見たことを今でも鮮明に覚えてる。

そんなこんなでさんばんめ、双子への気持ちから、もうこんな辛い想いをするくらいなら子どもはいらないと思っていた最中だったから、なかなかぱたに気づけなかった。本当は検査薬はもっと早い段階でしてたんだけど、さんばんめの影響がまだ残っていたのかと思ったのだ。

書いていたら眠くなったので寝ましょう。みんな、おやすみ。