読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みっつのおほしさま

夫と子どものぱたとみっつのお星さまについて。

たらこくちびる

昨日は34週の妊婦検診。里帰り先では初の妊婦検診なので、仕様がいまいちわからずあたふた。前の病院と違って、血圧と体重測定を看護師さんの前で測らないといけないからごまかせない。まあ体重は増えてなかったからよかったけど。

そして、腹囲と子宮底長を測ってエコー。ぱたぼうは今日も元気でよかった。病院着いてからテンションあがったのかボコボコ動いていたから大丈夫だとは思っていましたが。安心安心。特になにも言われず無事診断終了。

今日のエコーではお顔を見せてくれました。おかげで今日の我が家の話のネタはぱたぼうの顔について。くちびるは明らかに私の口だった。夫のくちびるは薄いんだけど、私の唇はあつめなのだ。家族みんなそういうから多分そう。それがぱたにとってよいかどうかはわからないけど、ぱたぼうは本当に私の子なのねとニマニマしてしまった。夫は自分に似てほしいみたい。多分目元の鼻は夫やと思う。

診察を終えて、腹ごしらえをして、退院時に着せる服と育児本、そして花を買う。今日はさんばんめとさよならして8ヶ月目の日だからね。花はふたごさんばんめと交代で毎月買っている。ふたごは奇数月、さんばんめは偶然月とさよならした月にあわせてやってる。これは欠かさしてない。欠かせられない。来月、再来月は買いにいけるかなあ。忘れないためにも買いたいな。

家に帰って、花を飾って、ぱたが無事に産まれるのを見守るようみんなにお願いしといた。きっと大丈夫さ。